今の世の中に物申す

アクセスカウンタ

zoom RSS 鈴木宗男氏が国政に対して非常に良い提言をされています。(ムネオ日記より)

<<   作成日時 : 2010/06/14 11:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2010年6月13日(日)

鈴 木 宗 男
 菅首相が11日、所信表明演説で財政再建のため、全党参加の「財政健全化検討会議」をつくり、国民的議論をしようでないかと提案し、波紋をよんでいる。
 自民党の谷垣総裁は12日、青森で「民主党のマニフェストは無駄を削れば財源が出てくる前提で組み上がっていた『マニフェストはダメでした』とはっきり言ってもらわないと財政再建もへったくれもない」と述べ、事実上参加を拒否した。
 公明党の山口代表も同日、静岡市内の街頭演説で「消費税を4年間上げないと菅首相も言っていた。赤信号を灯しておいて(与野党協議をしようと)バカな事を言ってはいけない」と批判した。(読売新聞2面)
 それぞれの立場を主張したものだが、増税の議論の前に国会議員、国家公務員の特権・無駄をなくさないと菅首相の提案も絵に描いた餅になる。
 まずは、国民から選ばれた国会議員の経費削減、ボーナスゼロ、300の小選挙区を200にし、100人の定員削減、参議院は人口100万人に一人の、125人にし、117人の削減等自ら身を削り、血を流すことである。
 国家公務員も国が大変な赤字で困っている時、4.5カ月分のボーナスを貰うことは民間会社では考えられない事である。徹底して、国会議員、国家公務員にメスを入れてから国民に問いかけることが手続きである。国民から選ばれた国会議員は、自ら実践してはじめて国民も理解してくれるのである。
 この点、菅首相の強力なリーダーシップが求められる所である。又、機密費の公開もして、国民に透明性をはかることも大事である。国民の汗と涙の結晶である尊い税金の使い道を明らかにすることにより、国民は更に目を向けてくれる。
 私はこうした主張をこれまでもしてきたし、これからもしていく。読者の皆さんも、是非ともご理解頂きたい。
 6時55分発で旭川に飛び、10時から陸上自衛隊第2師団創立60周年・旭川駐屯地開設58周年記念式典に出席し挨拶する。素晴らしい好天のもと多くの人が駆けつけての盛大な式典となった。あらためて自衛隊の皆さんに敬意と感謝を申し上げたい。
 旭川から車で網走に向かい会合をし、16時から釧路で北海道第7選挙区の民主党、新党大地との合同政策懇談会に出席。釧路・根室管内の市町村長さん、水産物流・加工団体の関係者から、来年度予算要望、現下の諸問題について意見交換する。
 政権与党になると、おのずから対応も違ってくる。相手側の目線も変わってくる。政治は生きものである。菅総理のもと、地方の声を大事にする政治の実現を目指していく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お得なポイント貯まる!ECナビ
鈴木宗男氏が国政に対して非常に良い提言をされています。(ムネオ日記より) 今の世の中に物申す/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる