アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「大阪」のブログ記事

みんなの「大阪」ブログ


郵便不正事件

2010/05/31 11:09
検察は何をしてきたのか。

(転載開始)
2010/05/31(月) 07:46:34
[ニュース 事件] 郵便不正事件〜大阪地検、前代未聞の「求刑」放棄も浮上

ついに「特捜部解体論」まで検察史上に残る冤罪事件に発展しそうだ。厚労省元局長の村木厚子被告(54)をめぐる郵便不正事件――。大阪地裁は、検察の“唯一” の証拠だった供述調書の証拠採用を却下した。これで村木被告の無罪は決定的だ。検察は「求刑」すら断念せざるを得ない最悪の状況に追い詰められた。逮捕、起訴しながら求刑できないとなれば、特捜部長のクビだけでは済まない。村木厚子5
「取調官の誘導があったとみられる」――。26日の大阪地裁の法廷には、捜査手法を批判する裁判長の声が響いた。
「検事が、自分の意に沿う供述が得られるまで調書を取らなかったことや、捜査を指揮した主任検事がOKする内容でなければ調書が作られなかったことを裁判所は問題視しました。要するに最初に筋書きありき『作られた事件』だったと認定したのです。結審前に『無罪確実』という前代未聞の展開に大阪地検には激震が走っています」(大阪地検担当記者)

名城大教授で弁護士の郷原信郎氏はこう言う。
「『核』となる証拠を失った検察は犯罪を立証できず、普通に考えれば論告も求刑もできなくなる。最悪の場合、求刑を放棄する可能性もあります」

大阪地裁の判断は、特捜部の捜査手法そのものを否定したも同然だ。

「特捜部の捜査手法は、あらかじめストーリーを作り、それに沿った“証拠”を当てはめ、容疑者をがんじがらめにする。裁判所も検察の調書を信用する傾向が強かった。その裁判所が今回、証拠採用を却下した。大阪地検の捜査手法がいかにズサンだったかということ。検察の捜査能力が著しく低下している表れです」(元大阪高検公安部長の三井環氏)

筋書きありきで捜査を進め、関係者をギュウギュウ締め上げるやり方は、小沢事件を捜査した東京地検特捜部も同じだ。

「大阪地裁の決定にブルっているのが、西松事件の大久保被告、小沢事件の石川知裕被告の公判を控えている東京地検特捜部です。両被告は全面否認だし、大久保被告の法廷証言が覆るなど、大阪のケースと展開が同じだからです。仮に西松事件、小沢事件の公判で、大阪と同じようにデタラメな捜査手法が明らかになれば『特捜部解体』論も噴出するでしょう」(司法ジャーナリスト)

検察の暴走が次々に明らかになり始めている。

(日刊ゲンダイ 2010/05/28 掲載)

(転載ここまで)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「凛の会」元会長、村木被告への働きかけは無罪

2010/04/27 13:12
ヨミウリ新聞の記事です。
これで検察のでっち上げがいよいよ鮮明になってきました。

(転載ここから)
4月27日10時25分配信 読売新聞
 郵便不正に絡み、厚生労働省元局長・村木厚子被告(54)に偽の障害者団体証明書を発行させたとして、虚偽有印公文書作成・同行使と郵便法違反の罪に問われた自称障害者団体「凛(りん)の会」元会長・倉沢邦夫被告(74)の判決が27日、大阪地裁であった。

 横田信之裁判長は村木被告との共謀を否定し、虚偽有印公文書作成・同行使罪について無罪(求刑・1年6月)を言い渡した。郵便法違反については求刑通り罰金540万円とした。

 村木被告は自らの公判で「証明書発行にはかかわっていない」として無罪を主張。共犯とされる倉沢被告が無罪となったことで、村木被告の公判に大きな影響を与えるのは必至だ。

 起訴状によると、倉沢被告は2004年6月上旬、凛の会元会員・河野克史被告(69)とともに、企画課長だった村木被告と、係長だった上村勉被告(40)に依頼して、同会を障害者団体と認める証明書を作成させた。また、この証明書を使って郵便料金の割引制度の適用を受け、企業のダイレクトメール320万通を不正に発送し、約3億7700万円の支払いを免れたとされる。
最終更新:4月27日10時37分
(転載ここまで)

今までメディアが黙殺していたが、いよいよ書かざるを得なくなってきました。
検察の皆さん、捜査にかかった費用(国税)の無駄遣いに関してどのように説明されますか?
鳩山総理、村木さんについで小沢氏に対するでっち上げ起訴も不起訴相当を勝ち取りましょう。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


引きずり事件、犯行車両発見か 大阪府警、若い男の行方捜す

2008/11/04 14:44

 大阪・梅田で会社員鈴木源太郎さん(30)が車にはねられ、約3キロ引きずられて死亡したひき逃げ事件で、府警は4日までに、犯行車両とみられる車を発見した。車は日ごろ若い男が使用していたが、事件後所在が分からなくなっており、府警は事件について事情を知っている可能性があるとみて行方を捜している。府警への情報提供から車体の特徴を調べた結果、この車が犯行車両との疑いが浮上した。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

所在不明ということで大阪府警が捜索しているとのこと。ほぼこいつに間違いないでしょう。
ひき逃げは決して逃げられません。事件発生の時間からして、飲酒運転が発覚することを恐れたんじゃないかな?
検察は25年を求刑してください。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


チキンラーメン10万食寄贈 日清が大阪の「非常食」にと (共同通信)

2008/09/02 13:43

 日清食品の安藤宏基社長は22日、災害発生時の非常食にと、大阪府と大阪市、池田市に缶入りの即席めん「チキンラーメン」計10万食を寄贈。橋下府知事が「世代を超えて誰でもおいしく食べられる。府民を代表して感謝申し上げる」と話すと、安藤社長は「大阪発祥の企業として当然。有事の時に役立てて」と答えた。今年はチキンラーメン誕生から50年。日清食品は社会貢献活動の一環として提供。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

何もいいません。大阪商人のお手本です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


政務調査費めぐり橋下知事が提訴へ 府議の目的外支出で返還請求 (共同通信)

2008/09/02 13:39

 大阪府の橋下知事は2日、監査で多額の目的外支出を指摘された府議会の04、05両年度の政務調査費をめぐり、府の返還請求に応じない府議、元府議計14人に対し、約3500万円の返還を求めて大阪地裁に提訴する方針を明らかにした。提訴には議会の同意が必要で19日開会の府議会に関連議案を提出。橋下知事は「議員も主張があるので、司法判断に任せて解決しようということだ」と説明した。

[ 2008年9月2日11時11分 ]


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

もらったものは俺のもの?

不適切と監査された政務調査費は即刻返還しなさい。
橋下知事、対象の議員の名前を公表するぐらいのことはしてもいいんじゃない?
こんな廉恥の心を持たない外道は府民の大事なお金をいただく資格は無い。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


橋下知事と労組が団体交渉 350億円の人件費削減案で

2008/06/03 11:51
6月2日12時25分配信 産経新聞



大阪府労働組合連合会との団体交渉で組合員の話を聞く、橋下徹・大阪府知事(中奥)=2日午前11時すぎ、大阪市中央区・大阪府庁(撮影:門井聡)

 「4人の子供がおり生活が破壊される」「退職金を見込んでマンションを買ったのに」…。大阪府が提示した平成20年度の総額約350億円の人件費削減案について、職員が加盟する府労働組合連合会(府労連)と橋下徹知事による団体交渉が2日行われ、出席した一般組合員から厳しい意見が相次いだ。橋下知事は「内容が厳しいことは承知しており、緊急避難的でやむを得ない状況」と協力を求めたが、府労連側は「6月5日に示される大阪維新プログラムで正当な判断をしてほしい」と強く訴えた。
 橋下知事は、団交の場で「マイナスをリセットして府の財政再建を果たしたいとの思いで指示を出し、人件費削減案をまとめさせた。内容が厳しいことは承知している。緊急避難的でやむを得ない状況だが、一律カットは本意ではないので早く終了して、きちんと働く人が報われるようにしたい」と協力を求めた。
 これに対し、府労連側は一般組合員に発言の場を与え、削減案が実施された場合の影響について、それぞれが橋下知事に思いをぶつけた。42歳の男性職員は「4人の子供を育ててきたが生活が破壊されることになり不安。このままでは、職員の意欲が低下する」。
 今年定年を迎える男性職員は「退職金を見込んでマンションを買った。自分なりに地方自治を考えて前向きにやってきたが、しっぺ返しをされた思いだ。退職金のカットは懲罰的だ」と強い口調で訴えた。
 府労連の新居晴幸執行委員長は「大阪維新プログラムで正当な判断をしてほしい。景気がいいときも悪いときもがんばってきた職員の思いを知事に聞いてもらった。知事は分かってくれていると思う」と述べた。
 府は、管理職について12〜16%、非管理職について4〜10%の基本給削減や一般職の退職手当5%カットなどで、今年度総額約350億円の人件費削減案を示している。
 府はこの日午後、もう1つの労働組合「府関連労働組合連合会(府労組連)」とも団体交渉を行う。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

大阪府労連の皆さん、もっともっと危機感を抱いてください。今なら少しの賃金カットですんでいますが、大阪府が夕張市と同じ状態になれば下手をすると賃金の半額カットもありうる話です。
「自分が描いた絵と違うから何とかしろ」と言う主張は、本当に汗を流して努力したが力及ばず現状に至った人々の主張とは自ずから事を異にするのではないでしょうか。
「自分なりに地方自治を考えて前向きにやってきた」のならその成果はいかがでしたか?民間企業では成果が現れないのは「努力ゼロ」と評価されます。
ぬるま湯につかった現状をはっきり認識し、橋元府政に協力することで早く立派な大阪府に立ち返ってほしいと思います。
今までのように情報公開も十分にされていないままでは、府民の信頼も得られないのではないですか?
もっとオープンに事業内容、財政内容を広く公開することで府民のほうから「もっと給料を上げてやって」との声が出るようにがんばればいい話です。


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


トップへ | みんなの「大阪」ブログ

お得なポイント貯まる!ECナビ
今の世の中に物申す 大阪のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる